行くたびに新しいセブ

出発日6月18日(7泊8日) 会員歴6年10ヵ月 木村さん

セブ島体験談「行くたびに新しいセブ」のイメージ画像

年に1度のセブ訪問! 行くたびに新しいセブ! 毎回行くのが楽しみです!!

マクタン・セブ空港で通訳のシャローンさんとドライバーのベルナルドさんに、海外単身赴任で久しぶりに帰ってきた時のように“ただいま”と言って旅は始まりました。長男家族と妻、そして高校時代からの友人の総勢6人で、長男達は4泊、私と友人は7泊です。今回は2歳に満たない孫もいるためゆっくり旅としました。初めて訪れた長男家族と友人のため、定番の市内観光、そしてマリンスポーツ、アイランドホッピングと5日間割り振りました。そして5日目は帰国組と私達ボホール島組に分かれ、あと2日はカモテスリゾートに行き1泊しました。特に今回の旅はメイドさんに何回も食事を作ってもらってご苦労をかけましたが、とても美味しく有り難かったです。また、カモテスリゾートへ行く船を走らせながら水上で炭を熾し、魚・肉を焼いて昼食を作るという離れ業を見てびっくりしました。そしてカモテス島の市場で材料を購入し、メイドさん達に料理してもらった全員での夕食は楽しかったです。また帰国前日にはJWBホテルへ行き“QQイングリッシュスクール”の様子を見ました。ワールドビッグフォーの倉田さんにもお会いして説明を受けました。100人の生徒に100人の先生がいる、その他30人以上もJWBホテルの従業員を再雇用してもらったとのことでした。セブ市内にあるQQの日本へのオンライン英会話学校を含めると700人の先生がいるという話も聞きびっくりしました。年に1度のセブ訪問の計画が今回は少し間があいてしまいましたが、同じ所へ行ってもいつも新しくなっているのがセブです。毎回行くのが楽しみです。

セブ島体験談「行くたびに新しいセブ」のイメージ画像 セブ島体験談「行くたびに新しいセブ」のイメージ画像 セブ島体験談「行くたびに新しいセブ」のイメージ画像
船を走らせながら水上で炭を熾し、魚や肉を焼いて食べました♪