セブの真っ赤な夕日に歓迎される

出発日4月17日(4泊5日) 会員歴16年3ヵ月 宿岩さん

セブ島体験談「セブの真っ赤な夕日に歓迎される」のイメージ画像

4泊5日の旅は晴天に恵まれ、目的を達成! 至れり尽くせり、優しいミキさんやスタッフに感謝・感謝の旅行であり、明日への英気を頂いてきました

昨年、11月に予定していたセブ旅行は台風被害の心配で取り止めにし、やっと4月にチャンス到来。晴れ男の私と4名の女性軍を迎えてくれたのは飛行機が夕方セブ島に近づいてきた時だった。窓の明かり取りを開けると「真っ赤な夕日」が目に飛び込んできて、多くの乗客も歓声を上げる。今回4回目のセブ島への渡航を心から歓迎をしてくれているようだ。コーラルポイントリゾートでゆったりと2日目の午前中まで過ごし、お昼近くから市内見学とJWBホテルの施設見学をし、日本での寒い時期だけでも体験入所できたらいいねと女房殿と語り合う。3日目はバンカーボートでイルカと飛び魚を見ながらカモテス島へ、美味しい昼食を頂いた後に島内見学をする。道路も舗装されていて前回来た時と雲泥の差がある。何故かこの島は落ち着きがあり、田んぼや果実や野菜等栽培して私も住んでみたい気がした。カモテス島からコーラルポイントリゾートに帰ると女性軍はプールにショー見学に驚くほど元気溌剌。4日目は私が一番楽しみにしていた「パラセーリング」心うきうき・わくわくで海に向かう、女性軍が2人1組で空に舞い上がる15分くらいのフライトだが楽しそうに空からVサイン。さて、3番目の私は一人乗りのパラシュートに変えられ、いざ出発する。大空にどんどん上がり150メートルの綱いっぱいまで上がると抜群の眺めである。一瞬強風が吹きヒヤリとしたが、兎に角セブ島やマクタン島始め幾つかの島が一望出来、下を見ると青い海が一面に広がり夢みたいであり大満足。こんな世界を子供達や孫達に見せてあげたいと、ふと思う。パラセーリングに大満足の後はお馴染みのお買い物、スーツケースいっぱいにして明日の帰り支度する。この4泊5日の旅は晴天に恵まれ、目的を達成し、美味しいフィリピン料理と韓国料理と果物に満足し至れり尽くせり、優しいミキさんやスタッフに感謝・感謝の旅行であり、明日への英気を頂いてきました。

セブ島体験談「セブの真っ赤な夕日に歓迎される」のイメージ画像 セブ島体験談「セブの真っ赤な夕日に歓迎される」のイメージ画像 セブ島体験談「セブの真っ赤な夕日に歓迎される」のイメージ画像
大空にどんどん上がり150メートルの綱いっぱいまで上がると抜群の眺め! こんな世界を子供達や孫達に見せてあげたいと、ふと思う