究極の お・も・て・な・し に感謝

出発日5月5日(6泊7日) 会員歴8年2ヵ月 中澤さん

セブ島体験談「究極の お・も・て・な・し に感謝」のイメージ画像

心から有難うというの言葉しか思い当たるふさわしい言葉は浮かんでこない! 究極の お・も・て・な・し に感謝

セブの空と海の「あお」は青、蒼、瑠璃色、コバルト、青藍、エメラルドの中のどの字で表現したら合うのだろう。外は熱い5月の陽射しも、6階のベランダに入る自然の風が心地よく、じっと眺めてしばしのうっとりタイム。正に脱日常を満喫出来るひとときです。76歳の“お転婆バ~バ”は、早朝5時半から水着になり、6時の開扉を待って一人でプール三昧を6日間続行。プールサイドに咲くブーゲンビリアやサンタンカの花びらがプールの水面に彩を添え、更なる贅沢気分を味わうも、スタッフがゴミとしてすくいに来る。前回のセブは、サミット開催という特別体制で海が閉鎖。よって島巡りは断念。その穴うめで今回は、マリンスポーツ4種(シュノーケル・バナナボート・パラセーリング・ジェットバイク)に挑戦。シュノーケルのこつが把握出来ず、その時飲んだ海水の味が尾を引き又、ボートの微妙な揺れに二人揃って体調を崩し、パラセーリングの順番が来ての空中散歩も“快調!万歳!”という気分になれなかったのが残念。サンセットクルーズでパンダノン島へ。私共2人の為に、船関係、ワールドビッグフォー関係のスタッフ10名が任に当たり尽くして下さり、これ又何と贅沢のことか。ホワイトサンドのビーチに続く海でも、泳ぎ戯れた。この日、ガイドさんの誕生日と重なり、ケーキを頂く。初対面の旅友とも親しくなり、皆でお祝いの大合唱。美しい景色を眺め、心を癒すのも旅の醍醐味なら、新しい人々と巡り合って輪を広げ、未知の話を堪能する事も旅の良さである。よく働く76歳の身体への“ご褒美“にオイルマッサージの体験、カジノ体験、バディアンゴルフリゾートへの外泊、実に充実した6泊だった。現地スタッフ、東京事務局の方々に対し、心から有難うという“感謝”の言葉しか思い当たるふさわしい言葉は浮かんでこない。これぞ正に究極の“おもてなし”を頂いた。

セブ島体験談「究極の お・も・て・な・し に感謝」のイメージ画像 セブ島体験談「究極の お・も・て・な・し に感謝」のイメージ画像 セブ島体験談「究極の お・も・て・な・し に感謝」のイメージ画像
毎朝5時半、開扉を待って一人でプール三昧、外は熱い5月の陽射しも、6階のベランダに入る自然の風が心地よく、実に充実した6泊だった