バージンアイランド

出発日3月1日(8泊9日) 会員歴14年5ヵ月 山㟢さん

セブ島体験談「バージンアイランド」のイメージ画像

浅瀬を若者が巧みに船を操り着いたのがバージンアイランド。どこまでも続くサンゴ礁に感動!

ベルさんの運転は、一般道を効率的かつ巧みに運転する。それでもコーラルポイントリゾートからセブの北端、ハグナヤ港までは4時間掛かった。更に船で1時間。そこは宮沢リエで話題になったバンタヤン島・サンタフェ。ジャングルの中にあるホテルだ。人気の地と予約を入れたのが2日前だったこともあり、間取りは8畳間にダブルベッドのみで、後はトイレとシャワーだけ。ところが料理は美味で量はアメリカン!大満足。流石リサさん!どんな注文でも迅速にこなし、常に私達の望みを先回りしてそつがない。夕食後はジャングルなので闇の中、健康に良い。翌朝アイランドホッピングのおまけ付。干潮の為、船が近付けず裸足で干潮を100m、浅瀬を若者が巧みに船を操り着いたのがバージンアイランド。見渡す海はグリーンからブルー、そして水色と海の深さと透明度が光をよく透過して、海中の動植物の活動を見せて居ます。砂は真っ白で、南の植物が生い茂り、屋根をソテツで葺いた東屋や青い海に浮いた白いバンカーボートが、強い太陽の光で眩しく輝いています。観光客は白人が少しで、小さなお店が3軒ぐらい。この日の団体さんは、私たち9人だったと思います。そうそう!一番の目玉が干潮のせいで水深が50㎝位なのですが、その海底がどこまでもサンゴ礁で広がり、「うわ!すげー!」と思わず声を上げてしまいました。ベルナルドさんやリサさん、そして留守中もしっかり仕事をこなしてくれるメイドさんたちに感謝です。とっても楽しい旅をありがとう。

セブ島体験談「バージンアイランド」のイメージ画像 セブ島体験談「バージンアイランド」のイメージ画像 セブ島体験談「バージンアイランド」のイメージ画像
更に船で1時間。そこは宮沢リエで話題になったサンタフェ。ジャングルの中のホテルに宿泊♪